木下謹三商店の歴史

弊社は、我が国 防水工事店の草分けとして、大正6年(1917年)2月、アスファルト防水工事及び石綿スレート葺工事の専門工事店として業務を開始しました。

創始者木下金蔵は、アスファルト・石綿スレート及びラバロイドルーフィングの輸入元として有名を馳せた穴原商会大阪支店長を永年勤め、その豊富な経験と知識をもとに独立開業し、大阪市西区江戸堀北通5丁目35番地で商いを伸ばしていきました。

爾来、技術と誠実さをモットーに、業績は隆盛を遂げ、1927年10月に社屋並びに倉庫を新築、1931年3月1日には合名会社木下謹三商店に組織変更するなど、さらに発展を続けてまいりましたが、不幸にして第二次世界大戦勃発により「企業整備」にかかり、1945年2月1日に会社を一時休業の止む無きにいたりました。

終戦の混乱期もようやく落ち着き、従来のお得意様方からの温かい励ましや業務再開への強い要望の声もあり、1948年8月25日思いも新たに株式会社木下謹三商店として再出発することとなりました。経験豊富な旧社員・新入社員が相寄り力を合わせて、業務が再開されました。
その後も着実に発展を続け、誠実な施工技術は業界の信頼を受け、お陰様で「技術の木下」の評価を戴いております。

2010年3月に本社を現在地に移転し、施工部門を木下工業株式会社に移しましたが、永年の工事実績に裏打ちされた「信頼と実績」は、優秀な社員と卓抜した技術を持つ技能工を指導・養成し、「誠実な責任施工」と「新工法の開発と確立」を目指し、たゆまぬ努力と研鑚の日々を続けておりますので、今後ともより一層の御指導、御支援をお願い申し上げます。

家系図を見る

  
1875年(明治8年)
1月3日
創業者 木下金蔵
京都府熊野郡添付字高野町にて生まれる
1904年(明治37年) 木下金蔵 穴原商会入社
以来12年間、大阪支店長として業務に従事
1917年(大正6年) 木下謹三商店、工事専門店として大阪市西区江戸堀北通5丁目35番地に独立開業
東京支店として、日本橋区高砂7番地に出店
1920年(大正9年)
11月
木下光雄誕生
1948年(昭和23年)
8月
木下光雄、株式会社木下謹三商店代表取締役就任
1955年(昭和30年)
2月
木下舗道株式会社設立、木下光雄が代表取締役就任
1963年(昭和38年)
6月
木下光雄、大阪府アスファルト工事事業協同組合(西部アス)
1963年(昭和38年)
7月
木下光雄、(社)大阪府建団連常任理事就任
1966年(昭和41年)
5月
木下光雄、(社)日本建築材料協会理事就任
1972年(昭和47年)
5月
木下光雄、大阪府知事産業功労賞
1974年(昭和49年)
8月
木下光雄、三光工業株式会社代表取締役就任
1981年(昭和56年)
7月
木下光雄、建設大臣表彰
1984年(昭和59年)
4月
木下光雄、黄綬褒章拝受
1986年(昭和61年)
5月
木下光雄、全国アスファルト工事業協同組合連合会副会長就任
1986年(昭和61年)
5月
木下光雄、西部アスファルト工事業協同組合理事長就任
1990年(平成2年)
5月
木下光雄、全国アスファルト工事協同組合連合会理事長に就任
木下彰久、西部アスファルト工事協同組合理事に就任
1991年(平成3年)
11月
木下光雄、勲五等双光旭日章 拝受
1991年(平成3年)
12月
木下光雄、(社)全国防水工事業協会会長に就任
1992年(平成4年)
11月
木下光雄、株式会社木下謹三商店 代表取締役会長に就任
木下彰久、代表取締役社長に就任
1993年(平成5年)
8月
木下光雄死去。(享年72歳)
木下光雄、正六位追贈
1997年(平成9年)
2月
木下謹三商店 創業80周年を迎える
2006年(平成18年)
7月
木下彰久、国土交通大臣表彰受賞(建築事業関係功労)
2010年(平成22年)
4月
木下和昌、株式会社木下謹三商店 代表取締役社長に就任
2014年(平成26年)
1月
木下宏枝、株式会社木下謹三商店 代表取締役社長に就任
2017年(平成29年)
2月
木下謹三商店 創業100周年を迎える